<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

"Sufjan Stevens"

私にとって音楽は必要不可欠な存在です。
まさに "NO MUSIC, NO LIFE." なのです。
好きなジャンルを問われると困るほど多いんですが、
特に Rock(いろんな要素を含む)・Electronica・World musicなど全般を聴きます。
お勧めの音楽を教えてほしいと言われたこともあったので、
これからはちょくちょく音楽レポ的に紹介出来たらなぁと思います。
凄い詳しい訳ではないので、個人的な感想を踏まえてです*
d0121183_22371695.jpg

まず一発目に挙げるのは、私が一生好きで有り続けるであろう
"Sufjan Stevens" です。
因みに、Sufjan Stevens の曲は毎週で100曲以上は聴く程。
最近は少し異常です(笑

最初に Sufjan Stevens の生い立ちから触れたいと思います。
何故?というと、彼の生い立ちは並大抵ではないんです。
以下、公式サイトから。

------------------------------------------------------------
「Sufjan は1975年7月1日、ミシガン州デトロイトにある
スティーヴンス夫妻の家のドアの前の牛乳箱の中で発見された。
セロファンにくるまれ、手首には "I Love You" と書かれたタグが付けられていた。
スティーヴンス夫妻にはほかにも三人の子供たち、
Jo-Jo、Zukey-Dokey、そしてJam-Jam がいた。
スティーヴンス氏は病院で守衛をしていて、
妻は蚤の市に出品するアフガン・セーターをかぎ針編みして生計をたてていた。
二人ともとても貧しかったが、大きな心の持ち主だった。
二人は赤ん坊を育てることに決め、アルメニアの勇敢な神秘主義者、
Abu Sufjan Muhammad の名前をもらって、
Sufjan Stevens と名づけ、牛乳箱は"National Geographics"の
バック・ナンバー入れに利用した。夫妻はできる限りを尽くして彼を育てた。
ニンジンを与え、バガバッド・ギーター(インドの二大叙事詩の
1つ Mahabharata の一部;バラモン的要素を含む宗教哲学詩)
を読み聞かせた。彼の髪をとかし、うたをうたい、
リビングルームでタップダンスを教えた。」
------------------------------------------------------------

出身地ミシガンに捧げたアルバムが
「Greetings From Michigan: The Great Lakes State 」です。
他にも「Come On Feel The Illnoise」など、sufjan はミシガン州を皮切りに、
アメリカの50州に対して曲を作る構想を練っているそうです。
なのでイリノイ州にはあんまり接点はないみたいなんですけどね(笑

d0121183_22471757.jpgsufjan の曲調は、パンジョーというギターに似た楽器をメインに多くの楽器を彼一人で演奏し曲を作っています。
だから、聴いてると sufjan の透き通るような綺麗な歌声はもちろんのこと、ピアノやパーカッション、オルガン、フルートなど、飽きさせることなく曲調が次から次へと変わり多様に満ちていています。
まるで、空想・妄想の中の世界に浸っているかの様です。
そんな sufjan の曲は、寝る時も歩く時も絵を描くとき(殆どが sufjan の曲を聴いています)などどんなシーンでも飽きることなく聴けちゃうです。ぜーんぶが同じ様に聞こえないので、
聴き飽きません。他にはない、凄さを感じます。

因みに、妄想というフレーズが出ましたが今月号の MUSIC MAGAZINE では、
「"妄想系" "ワールド・ロック"が鍵だ」と題して
Sufjan Stevens を"今、もっとも面白いロック・アーティスト"の一人に挙げ、
ユーモラスで酔狂で想像力溢れるベック以来の逸材とも称しています。

2008年の面白いロックを語る(松山晋也 × 渡辺亭)の対談の中では
こんな事まで言われていました。
------------------------------------------------------------
-読者に向けてのメッセージをあえて言うとしたら、
新しいアーティストは何を買っていいか分からないという風になって、
中年の人たちはクラプトンとニール・ヤングだけ買って
余生を過ごすようにしてるんだけど、かつてハーバーズ・ビザールだの
バーバンクとか言われるようなものが好きだったのなら、
スフィアン・スティーブンス聞こうよ、
ルーフィス・ウェインライト聞こうよっていうこと
※一部省略(因みにルーフィス・ウェインライトも大好きです^-^)
-だから若い人と、70年代の音楽しか聴いてない中年のリスナーの両方とも
楽しめるのはスフィアン・スティーブンスですよね。

------------------------------------------------------------
私は前から好きだったので、
これ程までに称賛されていたとはビックリしたと共に嬉しかったです。
あまり世の中で知れ渡っていなかったのが不思議な程、
だってとても完成度が高いんです。
こういう音楽は飽きることなくずっと愛されるだろうと思います。
d0121183_22382086.jpg

あ、後、最後に好きな理由をもう一つ!
毎回ジャケが洗練された素敵さを放っています。
去年発売された"Songs for Christmas"何かは、
BOX で中に CD が5枚入ってるんですが、
その1枚1枚に描いてある絵がかなり良いです。
他の"The Avalanche: Outtakes & Extras from the Illinois Album"は 
Sufjan Stevens の似顔絵かと
思わせる(似顔絵かも?)絵が可愛いし、完成度高いです。
毎回、絵のタッチが違うようにも思えるし、
部屋に飾ってあるだけでもインテリアの一つになっちゃいます。
d0121183_22383831.jpg

LIVE ←最高!!!!!
PV ←この曲大好き!!!!!
Sufjan Stevens を語ると長くなっちゃいます。
それほどまでに愛してやまないのです。
[PR]
by broochstar | 2008-01-30 22:34 | 日々

"白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々"

d0121183_2027347.jpg

観た映画を少しずつ紹介していこうと思います。
一気にたくさん観るので、追いついていけるか不安だけど・・

前回、観た映画に関しても滞ってますが、
先に昨日観た
"白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々"に関してです。

白バラとは?
"打倒ヒトラー"を訴え1942年の6月頃から翌年2月まで、
町中の壁にスローガンを書いたり、6回に渡って市民に自由を呼びかけ、
ナチス・ドイツ劣勢のありのままの現状を伝えるビラを作成し、
配布した抵抗グループ。メンバーはこの映画のヒロイン、ゾフィー・ショルと
兄のハンス、二人と同じ日に死刑執行をうけたクリストフ・プロープストを含む
ミュンヘン大学生5人と、同大学の哲学教授クルト・フーバーを合わせた6名。
1942年から1943年にかけて6冊のリーフレットを作成した。

本作は1943年にミュンヘン大学を中心に行われたナチスへの
抵抗運動「白バラ」の、三度目の映画化です。
今回は、1990年代に、旧東独地区に保管されていたゲシュタポによる
ゾフィーの尋問調書、関連の捜査・逮捕記録、そしてゾフィーの
処刑記録などが公開されたために、ゾフィー・ショルの最期を
めぐる真実が明らかになり、その文書にもとづき、ビラを撒いてから逮捕、
死刑執行までの5日間と短い期間を忠実に再現されています。

ゾフィー・ショルを"ベルリン、僕らの革命"でも演じていた
ユリア・イェンチが熱演。
大半はビラを撒く兄の手伝いをし、逮捕後の尋問官モーアとの
緊迫感迫る取調べで占めている。
ゾフィーは頑なに、やっていないと冷静に言葉を並べて尋問官に対抗する場面が
目を離せなく、この状態でのゾフィーの心理状態からよくスラスラと
言葉が出てるなぁと思ってると、手が震えスカートをぎゅっとする所や、
トイレへ行ったときに涙する場面など、どれだけ、強く見せていても
弱さを垣間見るところに親近感を感じた。
最後、両親との面会の時に涙した顔をモーア尋問官に見られると、
これは、両親に最後の挨拶をした時の涙だと言った。
こういう所からもゾフィーの強さを感じる。
(因みに、尋問中は一度も涙を見せなかった)
終始ゾフィーは正義を貫き、自分の信念を枉げずに立ち向かったメンバーと共に
最後、規則違反だけど言って看守がたばこを渡し吸いながら抱き合うシーンが
胸を締め付ける。
その後、3人は斬首される。
最期に語ったゾフィーの言葉、"太陽は輝き続けるわ"
所々にゾフィーが窓から差し込んだ日差しを見る場面や
最後処刑に向かう途中に見た太陽など、
最後まで希望の光を求めてたであろうと感じた。
斬首のシーンはあまりにも呆気なく感傷する事もなく終わることに悲しい現実を知った。

私は、ユダヤ人に対してのドイツ人を背景にした映画はたくさん観たけど、
こうしてドイツ人側のみをメインにした映画は、初めてみたかもしれない。
現に"白バラ"という団体が居たことを、この映画で知ったくらい。
映画は娯楽だけでなく、こうした社会派の映画も観ていきたいなぁと思う。
* 写真左は本人です。実際演じたユリア・イェンチに少し似ています*
[PR]
by broochstar | 2008-01-29 20:33 | 鑑賞

xxx ! Party

久々のイベントでオールという
最近の私からしたら、かなり大行動した気分*

そう、前に告知した xxx ! party に行ってきました。

参加アーティストは、始まる30分前くらいに集合だったんだけど、
方向音痴な私は、完璧に迷ってしまった!
それでなくても、新宿はよく分からないのに・・。
結局、主催者のまーしーさんに電話して辿り着きました。
元々、体調優れない上に久々のイベントで緊張気味な私は
最初から胃がキリキリしてる始末。
まーしーさんが気を遣ってくれて話かけてくれたり、
いろんな人を紹介してくれたりと、少しずつ打ち解けて来て
最終的には良いつながりがもてたなぁと思いました*
たくさんお話してくれた方、ありがとうございました*
後、てっしーと草さん来てくれてありがとう^ー^
心細かったから嬉しかった!

d0121183_2159262.jpg
d0121183_2202898.jpg
なおさんが面白いことしてくれました。服に写った絵が幻想的*
d0121183_2213315.jpg

[PR]
by broochstar | 2008-01-27 22:03 | 展示

誕生日

My Birthday.

今まで、大切に育ててくれた両親に感謝します。

そろそろ誕生日を迎えるのが少し寂しい感じがしてきました。

子供の頃は、

帰ったら御馳走にケーキにろうそくが歳の数だけあって、

Birthday song 歌った後にろうそくの火を消す。

そんなわくわくした1日で、早く大人になりたぁーいって思ってたけど、

今はお祝いされるの凄く嬉しいけど、どんどん歳を重ねるのが

寂しく思っちゃう。

* お誕生メールくれたみなさま *

メールありがとうございました!
この1年もどうぞよろしくお願いします^ー^
[PR]
by broochstar | 2008-01-25 23:45 | 日々

半額 day

やっぱり、体調が優れない私ですが、
只今 TSUTAYA 半額 day ! しかも一週間も !
W で今月は誕生日月なので、これまたBirthday 半額 day !
とここまできたら行くしかありません。
忘れてたけど、しかも point が溜まっているのでこれまた安上がりです。
因みに、私が DVD 借りる時は決まって 半額キャンペーン中の時だけです。
だって、準新作だって半額になるしね。
というか、元々が高すぎる!
キャンペーン中に借りるからか、一回にたっぷり観ちゃいます。

で、今回借りたのが
" パリ・ジュテーム"
"リトル・ミス・サンシャイン"
"恋愛睡眠のすすめ"
"ラン・ローラ・ラン"
"グッバイ、レーニン!"
これだけ借りても半額 + point でお金一銭もかかっていません。
コツコツ point 溜めといて良かった!
そして、あっという間に全部見ちゃいました。

今回は、その時の気分で選んだわりには当たりなものばかり。
中には、映画館で見て、もう一度見たものもあります。
(いいものは2度も3度も観るたちなんです。。)
それが、"恋愛睡眠のすすめ" と "リトル・ミス・サンシャイン" です。

まず、恋愛睡眠のすすめだけど、この映画は私が
好きな要素がたっぶり詰まっています。
d0121183_0372793.jpg

監督が、ミシェル・ゴンドリーな上に、
主演に、ガエル・ガルシア・ベルナル*
そして何より全体の作り方が好きです。
私、こういう類いの映画に弱いんです。
この世に存在しないものや、アニメーションが入ってたりとか、
夢のストーリーとか。
前作の"エターナル・サンシャイン"も違う意味で少し近いですね。
所々に細かい細工や、色使い、考え方が子供の世界でいっぱいで
ミシェル・ゴンドリーの世界観にどっぷり浸かれました。
ただ、見てるうちに現実が今なのか分からなくなります。
何が本物でどれが夢なのか・・
そして、最後はどうなってしまうのか。

次に”リトル・ミス・サンシャイン”
d0121183_23371158.jpg

第19回東京国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、
観客賞など最多3部門を受賞した映画です。
これは、かなり好き。
全体的なバランスも良いし、配役も最高です。
そして、私の大好きな SUFJAN STEVENS の曲が使われてるからです。
前半の全然関係ないフレーミング・リップスの曲の後に続いて流れるのがスフィアンの曲です)。*SUFJAN STEVENS に関しては別で書きますね*
言葉遣いやちょっとしたしぐさ、表情何をとっても良かったです。
そしてこの子が可愛い*
d0121183_23423325.jpg

ぷっくりした体系なんだけど、ゆるせちゃう可愛さなんだよね。
アイスクリーム食べる食べないで弄られてる所が好き。
最初は家族みんなバラバラな性格でいがみあってるのに
少しずつ心が開けていって、最後のシーンで大爆笑。
というか、凄く元気もらえる映画です。
因みに オリーヴ役のアビゲイル・ブレスリンは
キャサリン・ゼタ・ジョーンズと演じた"幸せのレシピ"で、この映画では
見せない大人っぽさを見せてました。今後の彼女の活躍が期待です。

上で上げた二つは借りて見たにも関わらず、手元に DVD が欲しいくらい!
他の映画も良かったんだけど、長くなっちゃのでまた別で書きます*
[PR]
by broochstar | 2008-01-23 23:50 | 日々

今更ながら

d0121183_2220251.jpg

"水曜どうでしょう" の DVD 観てはまってしまいました!
無謀な旅番組?
サイコロで行き先が決まる?
サイコロで食事出来るかも?
番組の作り的にはかなり単調に進むんだけど、
その道中、鈴井貴之と大泉洋の面白ろトーク、
顔は出さないがちょくちょく声が聞こえるロケ同行ディレクター、藤村忠寿と嬉野雅道。
特に二人のトークが普通で面白い!
しかも、やばい目を出せば出す程盛り上がる!
特に恒例の深夜バスや長旅フェリーなど行ったり来たり、
大泉洋'97の時のさわやかな感じが良い。
今のもしゃもしゃよりもずっといい感じがする*
こんな人と友達になりたい。

番組タイトルの由来を調べると、
--------------------------------
タイトルは「水曜ロードショー」(「金曜ロードショー」の前身)からとられたもので、番組作りの姿勢「こんな番組作ってみました。どうでしょう?」を表現している(official websiteFAQより)。
そのため番組タイトルは「どう-でしょう」とは発音せず、「どうで-しょう」と発音する。(wikipedia より)
--------------------------------
しかも、こんな情報が・・・!

・鈴井貴之 - 通称「ミスター」など
・大泉洋 - 通称「大泉君」など

調べても面白い (笑
[PR]
by broochstar | 2008-01-16 22:47 | 日々

焦った。


今日、いつも通り部屋の鍵を開けようとしたら、
鍵がなーーーい!
よくよく考えたら
置き忘れてきてしまったらしい...。
もう、頭は真っ白。
追い打ちかけるように、
お財布の中は200円しか入っておらず、
どうすることも出来ない。
で、大家さんに電話しようとしたら、
大家さんなんて、最初の顔合わせ以外接触なく4年も
経ってしまったので、最悪なことに名字すら微妙で
しかも、近いはずなのに家まで微妙で。
寒い中、通りをウロウロ。
きっと、男の人だったら変質者に思われただろう行動。

最後の賭けで親に電話。
不動産屋までは分かったから電話して、
大家さんの自宅を聞く。
ようやく、鍵を貸してもらえることに。
実は大家さんが元々、隣の会社の社長でもあるので
この鍵は会社で管理されていて、
尚かつ、私の両隣に住んでいる男の人はこの会社の社員。
案の定、鍵を取りに大家さんに付いて行くとそのお隣さん方は
仕事中で...
"なくしちゃったのー?忘れちゃったのー?"
って冷かしのお言葉。
泣 ;;恥ずかしー。。
にしても、本当に焦りました。

最初の方に出てきたけど、
今、お金が最悪な状態に。
どん底を感じる毎日なのです。(節約する目標があるからですよ。
ついこの前までは、毎日同じものを食べ続け
ようやく、先週両親からの野菜が届いて
久しぶり超豪華(←自分では...)に野菜尽くしで作ってみました!
きっと、今週は毎日この料理を食べる事になるでしょう。
因みに、シチューのルーは半分残っていたので
全部タダ!です。
まだ、今はどん底くらいレベルだけど、
今月末は私も予想出来ないくらいどん底のどん底が待っています。
恐ろしくて考えるのも辛い。。
d0121183_22493038.jpg

[PR]
by broochstar | 2008-01-15 22:57 | 日々

手紙


今日は朝から一歩も外に出ていません。
完璧インドア人です。

しかも、朝からもの凄くお腹の調子が優れません。
よく分からないんだけど、
ただ、今日実家から大量の食料が送られてきました。
私の実家は兼業農家なので、
ほとんどが両親が作った野菜中心です。
愛情が籠った段ボールに感動し、
早速久しぶりにサラダや野菜スープを作って食べたんですが、
最近ろくに食べていなかったせいか、
いきなり胃に食料を入れたからか、
食べたものをすぐ戻してしまいました。
しかも、一回で済まず、何回もやってくるのです。
温かい飲み物で胃を落ちつかせてますが、
いつその魔物がやってくるか。

後、今日年末に撮り溜めていた録画したものの中で"手紙"
という映画を見ました。
実は、東野圭吾を元々好きなので、原作は読んだ事があったんですが、
いつからだろう。
どうも邦画で感情移入しにくくなっています。
映画にもよるんでしょうけど。
何も残らないんです。
TV で感動しました!って見た人がインタビュー受けてるシーンが
ありますが、私はその映画を見て、どこで感動したんだろう?って。
思ってしまう自分が哀しく思います。
それと、最近邦画では感動していませんが、
本読んでる方が感動することが多いです。
実写で描かれているわけではないので、自分で想像する分
涙することが多いです。
いきなりぐわぁ〜と涙がこみ上げてくるんです。
じわじわというより、一気に大粒並みです。
話は戻りますが、
この"手紙"を観て、思い出したことがありました。
私が、前に自宅療養していて一歩も外に出れなかった時、
楽しみにしていたのが、毎日夕方に来てくれる郵便屋さんでした。
バイクの音がすると、行った後に郵便受けに走り
別に自分宛でも無いのに、何でもいいから毎日来てくれる郵便屋さんからの
郵便は嬉しかった。
毎日の何もない生活の中で唯一違うシーンを感じる一時だったのかも。
誰かとつながれる手紙は唯一の私の希望だった。
最近はPC でメール出来ますが、
手紙って届いた時の嬉しさがありますよね。
[PR]
by broochstar | 2008-01-12 18:12 | 日々

XXX ! Party mini告知

★2008.1.26 Sat ★22:00 Open ★¥1,000/1d  ★@ Galaxy Countach
d0121183_13201883.jpg
XXX ! XXX ! XXX ! XXX ! XXX ! XXX ! XXX ! XXX ! XXX !
XXX!

場所*galaxy-countach
※中央の写真を W クリックしてね。
地図*
クリック!

面白い話を頂きました。
この XXX ! party にお誘いをもらい、参加させてもらうことになりました。
私自身、まだ見ぬ方々とのイベントなので、
少し緊張しますが、数枚絵もお見せしますので、
気軽に遊びに来て頂けたらと思っています。
私も誰かと行こうとかも考えてないので、
軽く話に来て下さい。
私以外のアーティストさん(←まだよく知らないけど...)
のを見に来るのもいいかも。

実は、この party は予想外でしたが、
私自身、初となる個展を春に行う予定で、
今ちまちまと絵を描いています。
私の絵は、凄く時間がかかるし、それだけ
想い入れも強いので、
たくさんの方に見て頂いて、何か感じてもらえればなぁと思っています。
せっかくなので party を開こうか迷っているんですが、
みんな来るかなぁと、初めての緊張感でいっぱいです。
面白い企画もあったりするので、いつもとは違う私の絵をお見せ
出来ると思います。

そして、今、こうして blog にお知らせしたのも
自分へのプレッシャーを高めるためです。
こうすれば、みんなに知らせたって事実が
私を追い込むかなぁって w

それでは、明日からの仕事頑張りましょう*
私は、またちまちま絵描きます。
[PR]
by broochstar | 2008-01-06 13:51 | 告知

-2008-

d0121183_2136294.jpg

みなさま、今年もどうぞ宜しくおねがいします。

今年は私にとって、挑戦の年であり、忙しい年になると思われます。
こんな私ですが、これからも温かく見守って頂けると嬉しいです。

お正月は、仕事もなくなったおかげで実家に帰省していました。
実家には、久しぶりに帰りました。
中々、近いのに帰るタイミングがなく、
今回はそのためか、長く帰ってました。

やっぱり、、実家はいい!
いつも思うんだけど、帰ると帰ったで、
もう実家帰っちゃおうかなぁって。
夏はほんとに本気で考えたけど、東京に戻ると
その気持ちもかき消されてしまうくらいの現実が待ってるんだよね。
それで、もう少し頑張ろうって。
やっぱり、実家は甘えちゃうからね。

d0121183_2154920.jpg

で、まずは実家毎年恒例の初詣。
実家では毎年、必ず行くのが、小湊にある " 誕生時 "
かなり地元ネタですが、この初詣には、
私が産まれるまえから、両親は来てたみたい。
そして、必ず御祓をして甘酒を飲む。
この誕生時は造りが凄くて、いつも圧倒しちゃう。
d0121183_21574715.jpg

実家は、両親の私への愛が強くて、
嬉しくて、でも苦しく感じちゃう。
ほんとにほんとに嬉しいのに、もし何か二人にあったら
どうしようって。
身近な人の死を経験してしまうと、
やっぱり、こういう事がずっとずっと纏わりつく。
優しくしてくれるとそれだけ辛い。
未来を想像してしまう。
それだけで、涙ぐんじゃう。
あー、私って弱い。
ずっとずっとずっと元気でいてほしい。

最後にお母さんが、作ったオレンジケーキ。
お母さんは料理をちゃっちゃっと作るスペシャリストです。
これは、みかんの皮で作りました*

d0121183_22163867.jpg

[PR]
by broochstar | 2008-01-05 22:22 | 日々